2007年06月22日

ETCシステム

高速料金の支払いがETCシステム(自動料金収受システム)の導入となり、そのため従来のハイウェイカードや現金またはクレジットでの料金支払による料金所の渋滞は緩和される事でしょう。ETCとは(自動料金収受システム)有料道路の料金所などに設置されたアンテナと自動車に搭載した端末(車載器)で通信を行い、自動車を止めずに有料道路の料金支払いなどを処理するシステムです。料金の徴収に必要なコストを削減し、料金所で頻発する渋滞を緩和する目的で開発されました。ETCシステム(自動料金収受システム)の導入により高速道を利用するにあたって従来のハイウェイカードや現金、クレジットの支払いからETCシステム(自動料金収受システム)が変わる為、旅行などでの渋滞というストレスが減る事になることが期待されています。現在のETCシステム(自動料金収受システム)の課題としては、料金所に設置されているETCレーンのバーは安全の為、柔らかい素材で出来ていて、その為、高速道路未払い利用者の増加しているのが現状です。今後の課題として安全に未払い利用者を防ぐ事が重視されます。
【関連する記事】
posted by tonan at 04:41 | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。